アフリカレンカクのヒナがかわいすぎて卒倒寸前。

2月の20日に行った時、抱卵中だよと教えてもらったアフリカレンカク。

その8日後に訪れると、なんと……

か、か、か、孵っとる~~!!!しかもカワイイ~~~!!ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!

とにかく小さい。たぶん、ピンポン玉より小さい。そしてパヤパヤのボディにスラリと長い足のアンバランス。そこへもってきて、体の横に「ピヨ」とばかりに付いているちっこい翼。これをカワイイと呼ばずしてなんと呼ぶのか!!!

レンカク特有の私の苦手な長い足の指もなんだか可愛く見えてくるちびっ子マジックww

レンカクは親の羽根の中にすっぽり子どもが収まって守られるらしく、見ている真ん前でお母さん(お父さんが子育てするそうです)の胸に顔をぐりぐり突っ込み始めた時は悶えて鼻血吹くかと思いました。本当にグリグリ顔を突っ込むんだよ、ほんとだよ!

ヒナ、収納完了。まだちっこいので完全にぶら下がっちゃってますww
これが大きくなると、お母さんお父さんの足が6本あるように見えるんだそうで、それはそれは奇妙な光景らしい。(このページ一番下の写真)

結構それなりの周期で(勝手にw)繁殖しているらしく、雛が見られるチャンスは絶対行ったほうがいい!と思うぐらい可愛かったっすε-(´∀`*)