上野動物園リベンジ第1弾、マヌルネコさんでございます。

先日、展示場内の暗さ及び背後の明るさとマヌルネコの周囲同化能力wによってあえなく惨敗したマヌルネコのリベンジでございます。
今回は午後から大嵐の天気予報に助けられて小動物館が非常に空いていたので、前回の上野動物園で購入を決意した三脚を立ててカメラを据えた次第。
露光中動かないでもらわないといけないので、マヌルネコの注意をひきつけるために不思議な踊りを踊りながら、レリーズを押すワタクシ。
そんなことを繰り返す私を、隣のケージの前で時々チラ見しているオジサン。

私が「フーッε- (´ー`*)」と満足気にため息をついて三脚をたたんだのを見て、オジサンが近づいてきます。

「そろそろ、ケージの中掃除してもいいかな?( ^ω^ )」

私があまりに熱心に撮っているので、掃除を少し待っててくれたらしいです(/ω\)ハズカシーイ

掃除のために追い出されるとは露ほども思っていないマヌルネコたちw