カンムリカラカラがデビューするバードショーを見に行ってきました!
別にデビューの日ではなくても良かったんですが、雨の日限定のショーにしか出ないけどデビューの日だけは晴れてもやるということだったので、ワクワクしながら出陣!

カンムリカラカラはハヤブサの仲間だけど、飛ぶだけじゃなくて走るのが得意ということで「走るショーだ」ということを聞いていたのですが、走るし、飛ぶし、滑るし(笑)、なんだか大好きになっちゃいました。

ちょっと長くなりますが、デビューの一部始終(?)をお届けです!

まずは、お兄さんの横にそっと寄り添いながら歩いて登場するカンムリカラカラ。
この、鳥と人間が通じあってる(通じ合おうとしている)仕草を見るのが好きです(ノ´∀`*)

まずは珍しい鳥なので、ひと通り紹介している間にお披露目ということでぐるりと歩きまわります。シルエットはワシタカの仲間に確かに近いけど、首と足の長さが中途半端ww

そして走ります! 実は下はツルツルのコンクリなので、何度かツルリと滑ってましたが、カチカチと爪の音を立てながら結構なスピードで走ります。

でもさすがに鳥なので、あまりにスピードに乗り過ぎるとつい翼が開いちゃって、ふわっと飛んでみたりw

ハヤブサなので、当然飛ぶのも上手。飛ぶ姿はハクトウワシ(頭の白黒反対w) にも似てカコイイ!

ちなみに雨の日限定ショー=屋内ショーなので、カムリカラカラとお客さんは結構近いです。

次に見せてくれたのが、脚力の証明?
鳥はふつう垂直ジャンプが苦手なんですが、カンムリカラカラは脚がとても強いので、ほぼ垂直にジャンプすることができるんだそうです。

お兄さんのほぼ真横から、エイヤと踏み切って……

 そのまま真上の腕までジャンプ。

その後は羽を広げて滑空しておりていくです。

最後に見せてくれたのが「頭がいい」という部分で、道具を使ったショー。黄色いバケツの下にエサを隠しておいて、そのバケツをちゃんと自分でどかして食べるというのですね。

「あ、見っけ♪」みたいな表情がカワイイですが、見るべきは「脚でバケツをきちんとどけているところ」です。
どうやら、岩の下に隠れているものを探すときに実際こんな感じのことをするらしく、それを利用したショーですね。いま、カンムリカラカラのグリフォンくんが一番気に入っている遊びだそうですw

という感じでショーはおしまい!
カンムリカラカラという珍しい鳥が大好きになることまちがいなしです。

ただ、雨の日限定ショーなので、遠方から「コレを見に来る」というのはちょっとムズカシイデスヨネ……(;´∀`)