あ~ん、転校そうそう遅刻だわ~~!!


慌てて家を飛び出したナナは、本来なら学校手前の角でイケメンとぶつかって恋が芽生えるはずだったのだが、あまりにも速すぎて学校に間に合ってしまったのであった。

-完-

不安定な足下を素早く歩いているように見えますが、よく見ると、もう足がついてるのにまだシッポと手は前の木をしっかり握っているようです。意外と慎重派らしいです。